「SNSどう使えば良いか…」アースフレンズ東京Z・西山が抱えるジレンマとは… - Athlete Channel(アスリートチャンネル) - gooスポーツ

goo スポーツ

Athlete ChannelTM

バスケットボール

西山 達哉

2018/12/10

「SNSどう使えば良いか…」アースフレンズ東京Z・西山が抱えるジレンマとは…

 バスケットボールのプロリーグB1昇格を狙うアースフレンズ東京Zの司令塔・西山達哉選手は、TwitterとInstagramを中心にSNSを積極的に利用している。自身やチームの「今」を発信、ファンの満足度を高め、新たなファンを増やしたいという熱い想いもありながら、その効率的な活用方法に悩みを抱えている。果たして西山選手の課題は解消できるのだろうか。

編集者 田村一人
(株)トリプルダブル代表

投稿内容が似てしまうジレンマ

田村:SNSはTwitterとInstagramを中心に利用しているものの、それぞれの使い分けと、何を投稿すべきか悩んでいるというお話をしていただきました。それぞれのSNSについて、ご自分のルールみたいなものはあるのですか。  

西山:特にはないのですが、Twitterは試合が終わった後に、勝っても負けても何か呟こうとは思っています。その他は、バスケに関わらず気まぐれに投稿しているというのが現実ですね。

田村:なるほど。でも、西山選手のポストはオフコート・シーンも多く、試合に負けた後もコメントされているので感心していました。勝てば筆も進むと思うのですが、負けると「悔しい」、「次は頑張る」という言葉が精一杯だろうなと。

西山:そう言っていただけて嬉しいです。ただ毎回、言うことが同じになってしまうもどかしさもあるんですよね。気をつけてはいるのですが、「試合後には何かコメントしなければ」と考えると、悩んでしまって…。その辺りが、自分のSNSの課題だと思っています。

田村:フォロワーのコメントにリプライすることもありますよね。

西山:はい。ファンの皆さんからはいつも温かいお言葉をいただき感謝しています。でも、リプライしたり、しなかったりと、結構その時の気分次第ということが多いのも事実なのです。ちゃんと対応しなければいけないとは思っているのですが、そのような対応方法も課題ですね。

効果的なSNS活用法を知ってファンを増やしたい

田村:チームメートとSNSの利用方法について話しをすることはありますか。

西山:チームメートが投稿していればチェックして、その内容について話しをすることはありますが、利用方法を話し合うことはないですね。

田村:でも、SNSを活用したいというご希望はあるのですよね。

西山:ええ。自分たちがSNSを効果的に利用できれば、自分たちはもちろん、チームのことを知ってもらえます。それによって興味を持った方が試合を観戦してくれることもあるでしょうし、結果としてファンになってくれるのかな、と考えています。また、SNSは双方向でコミュニケーションが取れるツールですから、いつも応援していただけるファンの方とも交流できて、さらに応援していただけると思っています。

田村:なるほど。西山選手のお悩みはよく理解できました。また、SNSの活用法はアスリートだけではなく、SNSを利用するすべてのユーザーの課題でもあります。ぜひ、そんな課題を解消したいと思いますので、次回はSNSのスペシャリストに西山選手の悩みをお話してみませんか。

西山:それは良いですね。よろしくお願いします!

(次回に続く・・・)

< 記事の更新予定は、こちらでお知らせします ⇒ @athlete_channel

Ahtlete:西山達哉(PV)

アスリート一覧

バスケットボール

西山 達哉(にしやま たつや)

在籍チーム
アースフレンズ東京Z
ポジション
PG/SG
背番号
33
生年月日
1988年7月20日
出身
神奈川県
選手経歴
名門・能代工業高校から駒澤大学に進学し、卒業後は2年間のサラリーマン生活を経験。2013年に東京エクセレンスに入団し、2017-18シーズンからアースフレンズ東京Zに移籍した。鋭いドライブと3Pシュートに定評があり、60試合中58試合に出場した昨季の3Pシュート成功数はB2リーグ4位の114本。チームメートやファンの間ではそのファッションも注目されている。一部のチームメイトが「チャツゥ」と呼ぶことから、ファンからも「チャツゥ」のニックネームで親しまれている。
SNS
Twitter: https://twitter.com/9yanyan9
Instagram:https://www.instagram.com/tatsuya_nishiyama33/
ブログ:https://ameblo.jp/tatsuya-nishiyama/
(株)トリプルダブル代表

田村 一人

生年月日
1973年12月27日
出身
神奈川県
経歴
スポーツ関連会社に従事した後、2010年6月に株式会社トリプルダブルを設立。スポーツ、主にゴルフ関連の仕事に従事しながら、Webメディア、Eコマースの企画運営などネット業界で幅広く活動。Chapman University(カリフォルニア州)卒。

関連記事

おすすめの記事

^

「Athlete ChannelTMとは

アスリートとみなさんが、さまざまなテーマを通じて新たに出会える交流の場を目指しています。
アスリートのスポーツに対する想いをはじめ、趣味やプライベート、今実現してみたいことなど、アスリートから発信されるストーリーをお届けします。
【提供:株式会社NTTドコモ、株式会社Candee】