広島を元気に、笑顔にするためにプロサッカー選手として、できることがあった - Athlete Channel(アスリートチャンネル) - gooスポーツ

goo スポーツ

Athlete ChannelTM

サッカー

佐藤 寿人

2018/12/11

広島を元気に、笑顔にするために
プロサッカー選手として、できることがあった

 橋本英郎選手(現・東京ヴェルディ)からの1本の電話。それは「広島でチャリティサッカースクールを一緒にやらないか」というものでした。ここでは、佐藤選手にとっての橋本選手の存在、そしてチャリティ活動に対する思いに迫ります。

橋本英郎選手とは、日本代表で一緒になったことがきっかけで、仲が深まっていった

ピッチを離れると、とにかく優しい橋さんは、何でも相談できる存在

 橋さん(橋本英郎)とは、2009年頃、日本代表に選ばれた時期が一緒だったんです。それまでに何度も対戦していたので、頭がいい選手だという印象はあったのですが、ピッチを離れると、とても優しくて、関西の方なのに、ぐいぐいとくる感じがなかったですね(笑)。一歩引いて、俯瞰していろんなことを見ることができる人という印象でした。2歳年上というだけなんですけど、すごくお兄さん的で、僕にとっては、サッカー以外のことも相談できる相手ですね。

佐藤選手は、西日本豪雨災害があった後、チームメイトの宮原和也選手と広島に足を運び、がれきや土砂の撤去などを手伝った

チャリティ活動は、続けることに意味がある

 西日本豪雨災害支援のために、広島の子どもたちにむけて、一緒にチャリティサッカースクールをやってほしい――。と橋さんから電話をもらって、ふたつ返事で承諾しました。シーズンオフに広島で何かしたいというのを、ちょうど日本プロサッカー選手会に相談しようと思っていたタイミングだったんです。

 選手会では、東日本大震災の復興を祈念したチャリティサッカーも毎年やっていて、僕も参加しています。ベガルタ仙台では2年間しかプレーしてなかったですけど、サッカー選手としてやってこれたのは、仙台の方々に背中を押してもらったおかげだという思いがあって。今でも毎年、被災地には足を運んでいます。

 自然災害が起きると、最初は多くの方が心配してくれると思うのですが、徐々に関心がなくなって、現状を知らなくなってしまいがちですよね。だからこそ、チャリティ活動を通して、寄り添い、気にかけていくことを続けることが重要だと思うんです。プロサッカー選手には発信力もあるので、チャリティ活動を続けることで、現状をより多くの方々に知ってもらえるんじゃないかと思いますね。

 プロのアスリート全般に言えると思うんですけど、プロでいることができるのは、いろいろな方が支えてくれているからこそ。僕らは幸せなことに、いつも応援してもらえている側なんですけど、チャリティ活動を行うことで、少しでも支える側になりたいという思いもありますね。

「広島でのチャリティサッカースクールのプロジェクトメンバーには、僕と橋さん、そしてあと1人いるんです」と佐藤選手。はたしてその人物とは?

橋さんとなら、広島の子どもたちに喜んでもらえる時間を提供できる

 でも、なんで橋さんが広島でチャリティサッカースクール?と思う方もいますよね。橋さん自身が広島に縁があるわけではないのですが、奥様が西日本豪雨災害で被害のあった瀬戸内(岡山県)ご出身ということもありますし、それ以上に、橋さんはずっとチャリティ活動を積極的に行っているんです。「サッカー選手として何か力になりたい」と、常に思っている人で、チャリティ活動への思いを知っていたので、橋さんとなら、子どもたちに喜んでもらえる時間が作れるんじゃないかと思っています。

 ただ、僕も橋さんも広島にいない状態で、チャリティサッカースクールのプロジェクトをスタートさせないといけないので、むずかしい部分はあるなと……。でも、橋さんと僕だけじゃなく、もう一人、プロジェクトメンバーとなって力になってくれる方がいたんです。(次回に続く・・・)

< 記事の更新予定は、こちらでお知らせします ⇒ @athlete_channel

アスリート一覧

サッカー

佐藤 寿人(さとう ひさと)※2018/12/11時点

在籍チーム
名古屋グランパス
ポジション
FW
背番号
11
生年月日
1982年3月12日
身長/体重
170㎝/70kg
得意なプレー
ダイレクトプレー
選手経歴
2000年にジェフユナイテッド市原 (現・ジェフユナイテッド市原・千葉)でプロデビュー。2002年にセレッソ大阪へ移籍し、2003年からはベガルタ仙台へ、2005年から12シーズンに渡りサンフレッチェ広島に所属。2017年に名古屋グランパスに加入。広島では3度のリーグ制覇を経験し、2012年にはリーグMVPと得点王を獲得。
趣味
ゴルフ
最近はまっていること
三男とテレビ電話
好きな言葉
己に克つ

関連記事

おすすめの記事

^

「Athlete ChannelTMとは

アスリートとみなさんが、さまざまなテーマを通じて新たに出会える交流の場を目指しています。
アスリートのスポーツに対する想いをはじめ、趣味やプライベート、今実現してみたいことなど、アスリートから発信されるストーリーをお届けします。
【提供:株式会社NTTドコモ、株式会社Candee】