社会人一年生、美人アスリートの赤裸々なお財布事情 - Athlete Channel(アスリートチャンネル) - gooスポーツ

goo スポーツ

Athlete ChannelTM

フットゴルフ

前田 春香

2019/2/12

社会人一年生、美人アスリートの赤裸々なお財布事情

 フットゴルフ女子日本代表の前田春香選手は、2018年4月に新卒で就職したばかりの社会人一年生。時間的にも経済的にも、どのように仕事と競技を両立させるか日々、奮闘中だ。そして、プロではない、一部上場企業の新入社員として自身の懐から競技費用をねん出しつつ、さらに30歳までに1,000万円の貯金を目標に掲げている。果たして彼女は、夢に向かって「ナイスショット」する方法を見つけることができるのだろうか。

編集者 田村一人
(株)トリプルダブル代表

時間の有効活用が仕事とフットゴルフ両立のカギ

 私は2018年富士通株式会社に入社した社会人一年生です。現在はフットゴルフ女子日本代表であると同時に、普通の会社員として生活しています。仕事とフットゴルフを両立するには様々な問題がありますが、中でも大きいのが時間とお金ですね。

 まずは時間について。現在は残業もあるのですが、定時で退社できる日を見つけ、それに加えて週末を活用してフットゴルフの練習をしているので、どのように限られた時間を活用するかを常に考えるようにしています。また練習場所を見つけることも大変です。自宅の近くに自由に利用できるグラウンドなどがないため、今は河川敷で練習しています。

 フットゴルフで良いスコアを出すための大切な要素であるコースマネージメント。これは、やはり実際にコースでプレーしないと養われないので、試合以外でも定期的にゴルフ場で練習するように心がけています。

フットゴルフ男子の部の優勝賞金はわずか3万円

 時間以外にもうひとつ問題があります。多くのアマチュアスポーツ選手も抱えているであろうお金についてです。フットゴルフのスキルを上げるには当然ながら、ゴルフ場での練習は欠かせません。しかし、毎月ある試合の他に、練習ラウンドのプレー代やコースまでの交通費などを考えると、社会人一年生のお財布事情はなかなか厳しいのが現実です。

 競技だけで生活をしているプロ選手は現実的には存在していません。日本フットゴルフ協会が主催している大会では賞金が出ますが、男子の部の優勝賞金はわずか3万円。海外には賞金やスポンサーのサポートによってフットゴルフだけで生活している男子プロがいるみたいですが、それは非常に稀で、その他多くのスポーツ同様、活動費を自腹で賄い競技を続けています。

「夢」のために30歳で貯蓄1,000万円を目指す

 また、金銭面については、フットゴルフの活動のためだけではなく、私には30歳までに1,000万円を貯めたいという目標があります。漠然としてはいるのですが、そのくらいの年齢で家が欲しいという希望があります。社会に出たばかりの私の給料の中から、フットゴルフの活動資金を捻出することに加え、1,000万円の貯金をするのはとても大変ですが、それでもトライしたいと思っています。

 そこで、代表での活動や大会時にお世話になっている日本フットゴルフ協会の松浦新平会長に、私の経済状況の中で日常の生活とフットゴルフを両立させ、さらにお金を貯める方法はないか相談してみることにしました。

 松浦会長からは、まずは現在の生活費やフットゴルフにかかっている費用を把握し、「何にお金を使い、何に使うべきではないのか」を整理することから始めてはどうだろう、とアドバイスいただきました。フットゴルフのためのお金も、さらに練習効率を上げることで無駄なく活用できる可能性もあるので、練習内容の見直しも行うことにしました。そして貯金だけではなく、資産運用を行うことが目標実現への第一歩になると、ある方をご紹介いただきました。

(次回に続く…)

< 記事の更新予定は、こちらでお知らせします ⇒ @athlete_channel

アスリート一覧

フットゴルフ

前田 春香(まえだ はるか)

所属
Ganador Footgolf Club
生年月日
1995年11月27日
出身地
宮崎県
身長
157cm
プロフィール
小学校3年生から高校3年生までは男子サッカー部に所属。立命館大学在学中の2016年8月にフットゴルフジャパンオープンで初めて競技参加すると、女子日本代表として同年11月に米国で行われた日米対抗戦パシフィック・トロフィーに出場。昨年12月にモロッコで開催された第3回フットゴルフワールドカップでは女子の部16位タイと善戦した。現在は、競技を続けながら、2018年4月に新卒で入社した富士通株式会社で社会人一年生として奮闘する日々。
得意なプレー
インステップキック
趣味
YouTube鑑賞
好きな言葉
やさしく あたたかく 丁寧に
SNS
Instagram: @q6m01
一般社団法人 日本フットゴルフ協会会長、国際フットゴルフ連盟副会長

松浦 新平(まつうら しんぺい)

生年月日
1973年8月10日
出身地
埼玉県
プロフィール
サッカー選手引退後、コロンビアで最年少(当時)エメラルドバイヤーとして活躍。その後、起業し、日本のフットサル場経営の先駆けを作る。 2005年に株式会社OK LABELを設立し代表取締役に就任。2014年には日本にフットゴルフを持ち込み、一般社団法人日本フットゴルフ協会を設立し初代会長に就任。2016年には世界約40カ国が加盟する FIFG(国際フットゴルフ連盟)副会長に就任。2024年パリオリンピック正式種目入りを目指し日々活動中。

関連記事

おすすめの記事

^

「Athlete ChannelTMとは

アスリートとみなさんが、さまざまなテーマを通じて新たに出会える交流の場を目指しています。
アスリートのスポーツに対する想いをはじめ、趣味やプライベート、今実現してみたいことなど、アスリートから発信されるストーリーをお届けします。
【提供:株式会社NTTドコモ、株式会社Candee】