チャリティ活動を継続し、他の被災地にも広げて行きたい - Athlete Channel(アスリートチャンネル) - gooスポーツ

goo スポーツ

Athlete ChannelTM

サッカー

橋本 英郎

2019/1/23

チャリティ活動を継続し、他の被災地にも広げて行きたい

 広島を元気に、笑顔にするために、開催したチャリティサッカースクールは無事に2日間の日程を終えた。佐藤寿人とともに、発起人となった橋本英郎は、このチャリティ活動を振り返り、あらためて今の思いを語った。

編集者 サカママライター
「橋さんから誘われて、子どもたちに少しでも元気を与えられたらと思って参加しました」と比嘉祐介選手(東京ヴェルディ)

広島に縁がなくても、参加してくれたチームメート

 2日間、午前と午後に分けて2時間ずつ、チャリティサッカースクールをやるのは、僕自身、初めての経験でした。思っていた以上に疲労度はありましたけど、2日目は、だいぶやり方がわかってきて、少し楽にできましたね(笑)。

 広島出身ではないのですが、同じ所属チーム(東京ヴェルディ)の比嘉祐介選手と菅嶋弘希選手も参加してくれました。比嘉は、チームのムードを変えてくれる元気な選手で、遊び心もあるので、そういったことも子どもたちに伝わればと思って誘ったんです。実際に、子どもたちだけじゃなく、選手たちが楽しめる要素もいっぱい引き出してくれたり、菅嶋と絡むことで相乗効果もあった気がしてます。比嘉は今年ケガをしていたので「この2日間が、今年一番、体を動かしました。合宿よりきつかった」って(笑)。でも、またオファーがあれば参加したいと言ってくれて、嬉しかったですね。

 槙野智章選手(浦和レッズ)は「他県出身の選手が、広島に来てくれて、こうした活動をしてくれるというのは、本当に嬉しいです」と言ってくれて。改めて、チームメートが参加してくれたことにも感謝しています。

2日目は、福山平成大学のグラウンドで開催

参加してくれた選手たちの広島への愛を感じた

 今回のチャリティサッカースクールを通して一番感じたことは、広島に縁のある選手たちの“広島愛”の強さですね。「広島の力になりたい」と思っていた選手が、こんなにも多かったんだなって。

 サンフレッチェ広島に在籍していた選手が多かったので、サンフレッチェが広島から愛されているクラブで、選手たちも広島から愛されていて、また彼らも広島の街、人を、今も愛してるんだということをすごく感じました。

 チャリティ活動は、やはり「思い」がないと協力できないこと。今回、選手たちのその思いをとても感じましたし、きっと子どもたちにも伝わったんじゃないかと思います。

「チャリティ活動は継続的にやっていくことが大事」と橋本選手

他の被災地でもチャリティサッカースクールが行えるように

 僕と寿人は今回のチャリティサッカースクールの発起人ではありますけど、僕らだけでは、絶対に実現できなかった。参加してくれた選手やサポートしてくれた方には、本当に「ありがとう」という感情が一番にありますね。

 また、同時に行っていた「西日本豪雨災害支援! チャリティグッズ支援プロジェクト」にもたくさんの選手に賛同していただいて、チャリティグッズは完売しました。集まった支援金を先日、広島テレビの「広テレピッピ募金」に寄付することができました。

 参加してくれた子どもたち、そして選手たちにも喜んでもらえた今回のチャリティサッカースクールは、1度で終わらせるのではなく、継続していくことが何よりも大事だと思っています。今回は、広島を中心に活動しましたけど、今後は、他の被災地でもやっていけるように頑張りたいですね。

アスリート一覧

サッカー

橋本 英郎(はしもと ひでお)

在籍チーム
FC今治
ポジション
MF
背番号
(未定)
生年月日
1979年5月21日
身長/体重
173cm/68kg
得意なプレー
どのポジションでもプレーできること
選手経歴
1998年にガンバ大阪に入団。ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、AC長野パルセイロ、東京ヴェルディでプレーした後、2019年からFC今治に所属。日本代表としても国際Aマッチ15試合出場。
趣味
ショッピング
最近はまっていること
子どもたちとの人生ゲーム
好きなことば
努力は報われる

関連記事

おすすめの記事

^

「Athlete ChannelTMとは

アスリートとみなさんが、さまざまなテーマを通じて新たに出会える交流の場を目指しています。
アスリートのスポーツに対する想いをはじめ、趣味やプライベート、今実現してみたいことなど、アスリートから発信されるストーリーをお届けします。
【提供:株式会社NTTドコモ、株式会社Candee】